TC Electronic

シリアル・ループとパラレル・ループの違いについて

多くのコンボ・アンプやヘッド・アンプには、エフェクト・ループが搭載されており、エフェクト・ループにはシリアルとパラレルの2種類が存在します。
シリアル・ループは、1本のシグナル・ラインでオーディオ信号を出力します。
「プリアンプ→エフェクト・プロセッサー→パワーアンプ」の順にオーディオ信号は流れます。

User-added image

一方、パラレル・アンプは2本のシグナル・ラインでオーディオを出力します。

1本目は「プリアンプ→パワーアンプ」、
2本目は「プリアンプ→エフェクト・プロセッサー→パワーアンプ」

2本のシグナルはパワーアンプ部でミックスされ、オーディオとして出力されます。

User-added image

多くのアンプは、ドライ音とウェット音をミックスできるパラレル・アンプを搭載しています。
もし、エフェクト・プロセッシングにドライ音が必要でない場合には、G-Major、G-Forceをご使用になる場合には、葱ill Dry・#12434;ONにしていただき、G-Systemの場合には、各エフェクト部のミックスレベルを100%に設定してください。

どのようにしたら良い音が作れるのですか?

G-System、G-Force、G-Majorにおいて最適なパフォーマンスを得るには、シリアル・ループのエフェクト・ループがよいです。シリアル・ループでは、トレモロ、コンプレッサー、コーラス、EQといったアルゴリズムを最大限のパフォーマンスを活かすことが可能です。

パラレル・ループは、ビンテージ・エフェクトやミックスレベルの調節の無いエフェクターなどの場合に有効となります。現在はパラレル・ループに興味を持つユーザーが増えつつあり、ビンテージ・ペダルの復刻や、敗tomp boxes・#12394;どの製品が多く発売されています。

しかし、パラレル・ループではボリュームが変化するトレモロ、コンプレッサー、ノイズゲートなどのエフェクターでの効果は最大限活かすことが出来ません。また、ドライ音と、ウエット音がミックスされる場合、位相のズレが生じます。

対処方法と致しましては、ミックス・レベルを100%にしていただく事で回避できますが、現在市場で販売されているパラレル・ループには、回避することの出来ないアンプも存在します。

G-System、G-Force、G-Majorはシリアル・ループ及びパラレル・ループどちらでも使用する事は可能です。

しかし、上記の説明より、弊社製品ではシリアル・ループを推奨致します。

アンプの使用、タイプにつきましては、ご使用のアンプ・メーカーにお問い合わせいただきますよう、お願い申し上げます。
 


このページを共有する