TC Electronic

リレースイッチの動作について

G-Majorに搭載されているリレー回路は、アンプのチャンネル・スイッチングに使用することができます。

リード・チャンネル、クリーン・チャンネルのように2チャンネル仕様のアンプなどで、背面にチャンネル・スイッチングの入力端子(チャンネル・スイッチングのフットペダルなどを接続する端子)とG-Majorをバランス・ケーブルで接続することにより、G-Majorのプリセット・チェンジの際にアンプのチャンネルも同時チェンジすることができます。

「オープン」や「クローズ」はバランス・ケーブルのチップ、リング、グランドのオープン/クローズを意味します。

リレー回路によってこれらのシグナル・パスを選択することが可能、ということでこの動作によってアンプのチャンネルがスイッチする、という仕組みになります。

ただ、一部のアンプでは独自のチャンネル・スイッチング用のインターフェースで特別な切り替えを必要とします。そのようなアンプでは対応出来ませんので、ご注意ください。


このページを共有する