TC Electronic

Flashback 2 Delay : TonePrint Editorのパラメーター詳細

質問

Flashback 2 DelayのTonePrint Editorを利用していますが、反応しないパラメーターがあります。 故障でしょうか?

回答

FlashBack 2 DelayのTonePrint Editorのパラメーターはエフェクトスタイルによって機能しないパラメーターがあります。

下記のリストをご参照いただき、TonePrint Editorで編集を行ってください。

 

Flashback 2 Delay TonePrint Editor  パラメーターリスト

Digital Delay (Delay)

エフェクトスタイル(TC2290、Dyn、Mod、Crys、Rvs)

Router セクション 

Router

スタイル

範囲

詳細

In Level UnBypassed

 

-100dB ~ 0dB

ドライ音のレベル調整 Mash

FX Level

 

-100dB ~ 0dB

エフェクトレベルの調整

Octaver to Effect

 

-100dB ~ 0dB

オクターバーエフェクトの

レベル調整

Kill Dry Always

 

OFF/ON

DIPスイッチに関係なく

Kill Dry機能を設定

 

Delay セクション

Delay

スタイル

範囲

詳細

Delay 1

 

0ms - 7000ms

ディレイタイム 

Delay 2 (dual)

未使用

0ms - 7000ms

 

Fb 1

 

0% - 120%

フィードバック量 

Fb 2 (dual)

未使用

0% - 120%

 

Drive

 

0dB - 24dB

エフェクトに歪みを追加

Fb Hi Cut

 

20Hz - 20.0kHz

フィードバック(Fb)の

ハイカット量の設定

Fb Lo Cut

 

20Hz - 20.0kHz

Fbのローカット量の設定

Fb EQ Type

 

Bypass, LoCut, Hi Cut, LoShiv, HiShiv, ParEQ

Fb EQ Freq

Type = Bypass以外

20Hz - 20.0kHz

Fb EQの中心周波数帯域

Fb EQ Gain

Type = LoShiv, HiShiv, ParEQ

-20dB ~ 20dB

Fb EQのゲイン

Fb EQ BW

Type = ParEQ

0.1 - 10.00

Fb EQのバンドワイズ

Fb EQ Slope

Type = LoShiv, HiShiv

3dB, 6dB, 9dB, 12dB /oct

Fb EQスロープ

 

Fb EQ Cut Order

Type = LoCut, HiCut

1次、2次

Fb EQ Freqの減衰量

Pan 1

 

-50 - 50

パン モノラル・アウト側

Pan 2

 

-50 - 50

パン ステレオ・アウト側

Outlev

 

-100dB ~ 0dB

未使用チャンネル

Width

PingPong

0% - 100%

ピンポンディレイの左右のパンニングの振れ幅

Sense

Dynamic

0dB ~ -50dB

入力信号のレベルと連動してどの時点でディレイの反復成分を聴こえる様にするかを指定します。

Damp

Dynamic

0dB ~ 100dB

Gateのアッテネート量を設定します

Rel

Revease

20ms -1000ms

リバースタイムのプリディレイタイム

RevTime

Revease

50ms - 7000ms

リバースディレイタイム

Subdiv Up

4分音符

3連4分音符

付点8分音符

8分音符

3連8分音符

16分音符

(デュアル)4分音符+8分音符

(デュアル)4分音符+付点8分音符(デュアル)付点8分音符+8分音符

トグルスイッチの上段のサブディビジョン(符割)の選択

Subdiv Mid

 

上記と同じ

トグルスイッチの中央のサブディビジョン(符割)の選択

Subdiv Down

 

上記と同じ

トグルスイッチの下段のサブディビジョン(符割)の選択

 

 

Modulation セクション 

Modulation

スタイル

範囲

詳細

Subtype

Classic Chorus, Advanced Chorus, Classic Flanger, Advance Flanger, Vibrato, Vib. Ramp, TriChorus, TriChorus Alternative, TZFlanger

Enable

 

OFF/ON

モジュレーションのON/OFF

TZF Sum

TriChorus、TZF Chorus

0 - 1023

複数のテープデッキ を使用した古典的なフランジャー効果の生成方法をエミュレート

LFO1 Speed

 

61.5 mHz - 20.0Hz

LFOのスピード

LFO1 Depth LR0

 

0% - 100%

LFOのデプス(深さ)

LFO1 Depth LR1

TriChorus、TZF Chorus

0% - 100%

LFOのデプス(深さ)

LFO1 Depth LR2

TriChorus、TZF Chorus

0% - 100%

LFOのデプス(深さ)

HiCut

 

20Hz - 20.0kHz

ハイカット

Mix

 

0% - 100%

モジュレーションのミックスレベル

OutLev

 

-100dB ~ 0dB

ディレイのアウトプットレベル

DLYLR0

 

0.1ms - 50.0ms

モジュレーションのディレイレベル

DLYLR1

TriChorus、TZF Chorus

0.1ms - 50.0ms

モジュレーションのディレイレベル

DLYLR2

TriChorus、TZF Chorus

0.1ms - 50.0ms

モジュレーションのディレイレベル

Feedback

Classic Flanger, Advance Flanger, Vibrato, Vib. Ramp,

-100% ~ 100%

エフェクトのフィードバック量

FB Cut

 

20Hz - 20.0kHz

フィードバックのハイカット


Octavar セクション 

*OctaverはスタイルをCrysの時にのみ利用出来ます

Input FilterはBandPass Filter

 

Octaver

スタイル

範囲

詳細

Input Filter First

 

20Hz - 1.0kHz

最初のインプットフィルター 50Hz以上に設定してください 100Hz以上で倍音が加わります

Input Filter Spacing

 

50Hz - 200Hz

2つ目のフィルターになり、Mashにアサインをしてフィルターをスイープするのに使用します

Input Filter Count

 

1 - 80

2つのフィルターのGate量(数値を高くすると倍音が増幅されます)

Input Filter Q

 

1.5 - 50.0

インプットフィルターのQ(幅)。 数値が低くなるほどフィルターの幅が拡がります。極端に低くするとフィードバックを起こしやすくなります

Input Filter Qtlit

 

-0.6 - 1.0

Input Filter Qの高さを設定します。 可変幅-0.6-1.0

Q Output Rel Up

 

0.01 - 1.00

設定した値(Q)で出力される範囲(値を低く設定すると低域がフィードバックが生じる場合があります)

Wet Level Up

 

-100dB ~ 0dB

Octaverのレベル

Output Up HiCut Freq

 

20Hz - 20.0kHz

ハイカットフィルターの周波数設定

Drive Up

 

0dB ~ 40dB

Octaver エフェクトに歪み量の調整

Enable

 

OFF/ON

OctaverをON/OFF切り替え


このページを共有する