TC Electronic

G-Majorのバージョンアップ手順

G-Majorの最新バージョン(ver.1.27)へのアップデートはPCよりソフトウェアをMIDI経由にて行う為、PC(Windows XP)とMIDIインターフェイスが必要になります。

作業手順につきましては、下記のようになります。
1.下記のURLよりソフトウェアのダウンロードを行います。
http://www.tcelectronic.com/g-major/support/
2.PCのMIDI OUTとG-MajorのMIDI INを接続します。
3.ROUTINGとRECALLを押しながら、電源を入れます。
4.画面上に"M-FOUR 2.02 API 1.9"と表示されます。
5."Download DSP Code?"が表示されるまで、エンコーダを右へ回します。
6.TAPボタンを押しますと、"Downloading code 000"と表示されます。
7."GMaj127.exe"を起動します。
8.MIDIインターフェイスを選択して、アップデートをクリックします。
9.アップデートが完了しますと、G-Majorのディスプレイ画面は"M-FOUR 2.02 API 1.9"の表示に戻ります。
10.電源を切って、10秒間お待ちいただき、電源を立ち上げれば完了です。

尚、PC画面上に"Update failure"の表示された場合には、電源を切らずに再度アップデートを行ってください。

また、上記環境で作業が行えない場合には、弊社にて作業を致します。*一部のMIDI Interfaceにおいて、正常にアップデートが出来ない機器もあります。

料金及びお預かりする日数につきましては、下記をご参照ください。
料金: 本ソフトウェアのアップデートは無償ですが、双方向の送料はお客様負担とさせていただきます。

弊社にお送り頂く時→元払い
お客様へのご返送時→着払い

お預かりする日数:約5営業日

製品送り先
〒110-0032 東京都千代田区岩本町3-5-12 ユニゾ岩本町三丁目ビル南館7F
電話:03-5833-9121(平日11:00〜17:00)
FAX:03-5833-9021
G-Majorバージョンアップ係宛

尚、製品発送の際は運送時のダメージを防ぐ為、極力オリジナルの梱包箱をご使用いただきその上からエアーパッキンなどで梱包していただくようお願い申し上げます。

---------

 

G-Major ソフトウェア・アップグレード
主な追加・改良点

バージョン1.11  - バージョン 1.27
- 「In Level」、「Global Out Level」、「Preset Out Level」を独立してコントロールできるようになりました。
- 「EQ」、及び「Noise Gate」の個別On/Off 機能が追加されました。
- 「Bypass All」時の出力レベルが「Preset Out Level」と同じレベルになりました。
- 「Compressor」にゲイン・コントロールが追加されました。
- 「Kill Dry」機能が追加されました。
- チューナー機能をインプット・レベル調整の前段に移動しました。
- ピッチ・シフターの2 種類の「Voice」に独立したレベル・コントロールが追加されました。

バージョン1.07 - 1.11
・「NOISE GATE」ブロックに3 バンドのパラメトリック・イコライザーが追加されました。
・プリセットの名前を編集する際にBack Space とInsert が使えるようになりました。
・「PITCH」ブロックのパラメーターの範囲が+/-1200 から+/-2400 に広がりました。
・「NOISE GATE」ブロックを単独でバイパスできるようになりました。
バージョン1.02 - 1.07
・MIDI マッピング機能が追加されました。これにより、受信したMIDI プログラムチェンジ
番号と呼び出されるG-Major のプリセット番号を任意に関連づけできるようになりました。
・グローバル入力/出力レベルのレスポンスカーブがボリューム/エクスプレッションペダ
ルに最適化されました。


このページを共有する