TC Electronic

G-Major/G-Major2のプリセットのバックアップ

MIDI 経由で、シーケンサーまたは別のG-Major に、ユーザー・プリセットの設定内容全体をバックアップすることができます。ユーザー・プリセットの設定内容を送信することを、「バルク・ダンプ」と呼びます。

MIDI 経由でのバルクダンプの手順は以下の通りです。
- G-MajorのMIDI Out を別のG-Major、またはシーケンサーのMIDI In に接続します。
- MIDI/UTIL ボタンを押し、CONTROL/PARAMETER ホイールでBulk Dump を選択します。
- 別のG-MAJOR に接続しているときは、ENTER ボタンを押すだけで全ユーザー・プリセットの設定内容が接続先のG-MAJOR にコピーされます。
- シーケンサーにバルク・ダンプを行う場合は、シーケンサーをOMNIモード(全チャンネル)で記録状態にし、G-MAJOR のENTERボタンを押します。
-ダンプ元装置のMIDI Out をG-MajorのMIDI In に接続するだけで、G-Major は、MIDI のバルク・ダンプをいつでも受信することができます。
PC上に保存される場合には、SysExファイルとして保存できるMIDI OXをご使用下さい。
http://www.midiox.com/
View>SysEx>SysEx>Recieve Manual Dumpから、ユーザープリセットを保存することが出来ます。
尚、MIDI OXは別途MIDI Interfaceが必要になります

このページを共有する