TC Electronic

G-System:エキスプレッション・ペダルで特定の パラメーターをコントロールする

質問

ペダルのキャリブレーションは完了しましたが、エクスプレッションをアサインする方法が分かりません。

回答

下記の手順を参考にしていただき、エクスプレッションでコントロールしたいパラメーターにアサインしてください。

 基本操作
• EDIT を押し、EDIT モードに入ります。
• ENTER を二度押します。すると、現在のプリセットで、接続されているペダルとエンコーダーA / B / C からコントロールできるパラメーターが表示されます。


画面には、次の様に表示されます:

User-added image

 

• INPUT エンコーダーで、セットアップしたいエキスプレッション・ペダルを指定します。EDIT モードのエンコーダーA / B / C もリアルタイム・コントローラーとして使用できます。


• Vol.: GFX01 のリアパネルとコントロールボードいずれかのVol.端子に接続したエキスプレッション・ペダルを指定します。


• Exp.: GFX01 のリアパネルとコントロールボードいずれかのExp.端子に接続したエキスプレッション・ペダルを指定します。

User-added image

• Enc A / Enc B / Enc C: EDIT モード時のA / B / C エンコーダーの割り当てを指定します。Vol とExp 端子に接続したエキスプレッション・ペダル同様に、これらのエンコーダーを特定のパラメーターに割り当てることができます。


• Min / Mid / Max: エキスプレッション・ペダルの最小/中/最大ポジションの値を設定します。

 

例:
エンコーダーA をDelay Feedback(ディレイ・フィードバック)に割り当てたとします。
すると、ソロや楽曲の終わりでフィードバックを100% にすることにより、ヴィンテージ感溢れるノンストップ・リピートのトリッキーな効果が得られます。

EncA / Enc B / Enc C の設定
「エキスプレッション・ペダルで特定のパラメーターをコントロールする」セクションと同じ手順で設定します。エンコーダーは、キャリブレーションする必要はありません。

 


このページを共有する