TC Electronic

G-System: 外部MIDIコントローラーでユーザープリセットを切り替える方法

質問

G-Systemのユーザープリセットを外部のMIDIフットコントローラーで操作をしたいのですが、

ファクトリープリセットしか変わりません。 どのような設定方法がありますか?

 

回答

プログラム・チェンジをする度に、G-Systemはプログラム・チェンジ信号と、バンク・データの2種類の信号を出力しています。

バンク・インフォメーションはコントロール・チェンジ番号(CC#0)です。 

詳細は以下のようになります。

ファクトリー・バンク・プリセットの場合

1. CC#0=1の後に、プログラム・チェンジ0-99
例)A0-1は、CC#0=1、PC=0

ユーザーバンク・プリセットの場合
1. CC#0=2の後に、PC=0-99(プリセット00-1から19-5)
2. CC#0=3の後に、PC=0-99(プリセット20-1から39-5)

多くのMIDIフットコントローラーはバンク・データー(CC#00)が変更できずにファクトリープリセットのみの切り替えしか出来ません。

 

お客様から貴重な情報をいただきましたので、ご紹介いたします。 

バンク・データの切り替えが出来るMIDIフットコントローラーはRJM Mastermind となります。 

 

Mastermind 設定方法

■グローバルセットアップ 
1. スイッチ1とスイッチ3を同時に押し、セットアップモードに入ります。

2. Functionスイッチを押し、グローバルセットアップ・パラメーター内のC.C1〜8のうち、未使用のものを選択します。

3. スイッチ5(MIDI Ch)を押し、送信するMIDI CCナンバーのMIDIチャンネルを「Ch1」に設定します。

4. スイッチ2(Program / CC Number)を押し、バンクセレクトに使用するMIDI CCナンバーを「0」に設定します。

■プリセットセットアップ 
5. スイッチ1(Function Select)を押し、手順2で設定した「C.C*」を選択します。

6. スイッチ4(CC Value)を押し、バンクセレクトに使用するMIDI CCナンバーのバリュー値を「001」(ユーザーバンク)に設定します。

7. Bank↑/↓ スイッチ使用し、各プリセット毎に手順2で設定した「C.C*」のバンクセレクトに使用するMIDI CCナンバーのバリュー値を「001」に設定します。

8. スイッチ1とスイッチ3を同時に押し、オペレーションモードに戻ります。

RJM製品のバンクサポートやG-SYSTEMのバンクセレクトは、バンクセレクトに対応したMIDI CCナンバーを 
受信した直後にプリセット呼び出すMIDI PCナンバーを受信することで、指定したバンクのプリセットを呼び出します。

Master Mindがプリセットを呼び出す際に送信するMIDI CCナンバーは、MIDI PCナンバーの後に送信されるため、 
初回のプリセット呼び出し時はG-SYSTEMのファクトリーエリアが呼び出されます。

2回目以降のプリセット呼び出しは、G-SYSTEM側でプリセット呼び出し時に受信したバンクセレクトに使用するMIDI CCナンバーが有効(バンクセレクトになっているため、MIDI CCナンバーのバリュー値で指定したバンク(ユーザーエリア)のプリセットが呼び出されます。


このページを共有する