TC Electronic

G-System3.0の変更点 改善点

Version 3.0の変更点は以下のようになります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

プリセット・ルーティング

新しく追加されたプリセット・ルーティング、”Serial2”を選択すると、ModエフェクトがDelayのセンド・リターンエフェクトとして使用できるようになりました。

※この場合ModエフェクトはディレイのWetにのみかかります。

コンプレッサーのアタック・タイムの変更

アタック・タイムの最小値が0.3msになりました。

アサイン・プリセット・スイッチ

バンクに関わらず、どのプリセットでも、任意のスイッチにアサインできるようになりました。

例)バイパスプリセットをバンク「32-5」などに保存 → Boostボタン等にアサインすればいつでもバイパスボタンとして機能します。

Mod Master

プリセットの切替時に、プリセットに保存されたサウンドで呼び出すか、エクスプレッションの位置を参照して呼び出すかが選択できるようになりました。

  例) ディレイのMix Levelにエクスプレッションをアサインしているような場合、
     切替時にディレイのかかった音で呼び出すか(プリセットとして保存しているサウンド)、
     エクスプレッションを下げた状態で呼び出し、ドライサウンドで呼び出すか、を選択できます。

その他改善点

・ エクスプレッション・ペダルのレスポンスが向上しました。
・ MIDIクロック・シンクの性能が向上しました。
・ アウトプット・レベルパラメーターのグライドタイムが向上しました。


このページを共有する