TC Electronic

Nova Modulatorのセットアップ例

Nova Modulatorのデュアル・エンジン設計を利用することで、柔軟なセットアップが可能となります。

※セットアップによってNova Modulatorに入るシグナル・レベルは異なるため、その都度、インプット・キャリブレーションを行うことをお勧めします。

■モノラル・セットアップ
最も基本的なセットアップ例です。




1)ギターをNova Modulatorの「Input L」に接続します。
2)Nova Modulatorの「Output L」とアンプのインプットを接続します。

※Nova Modulatorは通常歪み(オーバードライブ/ディストーション等)の後に接続します。


■ステレオ・アウト
このセットアップでは、ステレオ・エフェクトの効果が最大限引き出されます。




1)ギターをNova Modulatorの「Input L」に接続します。
2)Nova Modulatorの「Output L」と「Output R」をそれぞれ別のアンプに接続します。


■センド/リターン・セットアップ
アンプのプリアンプ部で歪み等の音作りをする場合は、このセットアップを使用します。




1)ギターをアンプのインプットに接続します。
2)アンプのセンドとNova Modulatorの「Input L」を接続します。
3)Nova Modulatorの「Output L」をアンプのリターンに接続します。


■ステレオ・ループ・セットアップ
こ のセットアップは、アンプのプリアンプ部で歪み等の基本となる音を作りつつNova Modulatorをセンド/リターン・エフェクトと使用し、なおかつステレオ・エフェクトの効果を最大限引き出すためにステレオ・アウトにする方法で す。片方のアンプはプリアンプを使用せず、パワーアンプのみを使用することになります。




1)ギターをアンプAのインプットに接続します。
2)アンプAのセンドとNova Modulatorの「Input L」を接続します。
3)Nova Modulatorの「Output L」をアンプAのリターンに接続します。
4)Nova Modulatorの「Output R」をアンプBのリターンに接続します。


このページを共有する