TC Helicon

Perform-VK Talk, Lock/Mute, Tap, Roomsense, Auxの解説

質問

Perform-VKを購入しましたがマニュアルが英語しかないのですが、日本語で解説されている簡易マニュアルはありますでしょうか?

回答

日本語のマニュアルにつきましては現在未定となっておりますが、各ページの概要はこちらよりご参照下さい。
マニュアルダウンロードページ(英語)
http://www.tc-helicon.com/en/support/manuals/?pid=21518
P.10

Talk(トーク)
曲間などのエフェクトを必要とせずにオーディエンスと話しをする場合などに使用します。
トークスイッチが赤い場合にはエフェクトはかからずドライ音のみ(ToneはON)出力されます。

Lock/Mute(ロック/ミュート)
トークスイッチを長押ししてトークボタンが赤く点滅している場合はマイク入力はMUTEされ、フロントパネルは操作が出来なくなります Lock/Mute状態でも、Aux In, INST In信号は出力されます。 解除する場合には再度トークボタンの長押しして下さい。

Tap (Tempo テンポ)
テンポはエコーのプリセットで使用する反復する間隔を決定します。
ただしエコーのスタイルで"Slap"(青色)についてはテンポ情報は無効になります。

RoomSense(ルームセンス)
本体の右下にある黒い穴には内蔵マイクが搭載されており、以下の機能が備わっています。
1. スマートフォンからビーム転送(音声)する際に受けるマイク
2. MIDIやINST INもしくはAUX Inからの信号がない場合で、近くにコードが検出できる音(Acoustic Guitar、Acoustic Pianoなど)を検知します。
3  マイクを接続しない状態で電源を入れた場合には、コンデンサーマイクとしてボーカルエフェクトの設定、練習をすることが出来ます。このモードの場合、フィードバックを避けるため、メイン出力からは音は出ず、ヘッドフォンアウトからの出力となります。

AUX Input(AUXインプット)
MIDIもしくはINST INにコード情報がない場合にAUX Inからの信号でコード(キー/スケール)を検知します。 
(Aux Inからの信号を受けつつMIDI情報もしくはINSTからの音声情報を入力した場合にはそれらが優先されます。)

AUXインプットにはボリュームコントロールがありませんので、音量調整は接続機器側で設定して下さい。
バージョン1.2.02よりAux Inputが遅れて出力は解消されておりますので、入力信号に遅延を感じるようであればVoiceSupport2経由でアップデートを行って下さい。
Aux Inputが遅れて出力するケースはINST InとMIDIに信号が入っていない時に発生しました。

Aux のメイン出力設定
AUXからの信号をメイン出力に出したくない場合には、AUXに3.5mm (1/8'') ケーブルを接続する際にヘッドフォンボタンを押しながらケーブルを接続して下さい。 AUX信号に加えてINST INの信号もメイン出力から出力されなくなります。(ケーブルを抜くとリセットされ、再度ケーブルを接続するとメイン出力から音が出ます。)

Dimming the Buttons ボタンの調光
セットボタンを一度タップすると緑色のLEDがリングに表示されますので、明るさを変更できます。

このページを共有する