TC Electronic

PowerCoreプラグインのレイテンシーを減らす方法

DAWアプリケーションにおいてVST/AUプラグイン遅延補正機能がありますので、多くの場合アプリケーション側で補正されます。

しかしながら、遅延が補正されない場合には、標準で付属しているTC Compensatorを利用して、レイテンシーを補正して下さい。


TC COMPENSATOR の使い方

いくつかのチャンネルでTC POWERCORE プラグインを1 つだけインサートし、その他のチャンネルではTC POWERCORE プラグインを使っていないと仮定しましょう。


1. 「補正バス」として1 つのグループチャンネルをセットアップします。この「補正バス」の出力をステレオマスター出力に送り、TC POWERCORE プラグインをインサートしないチャンネルすべてを、このバスに送ります。

2. 「補正バス」にTC COMPENSATOR プラグインをインサートし、Coarse パラメータを1に設定します。これは、現在1 つのTCPOWERCORE プラグインが使用されており、その使用チャンネルで生じるディレイを補正したいからです。

3. POWERCORE エフェクトを使用するチャンネルすべての出力をマスターに送ります。

4. POWERCORE 以外のセンドエフェクトの出力をすべて「補正バス」に送ります。

これで、PCI バスを通ってPOWERCORE へ入るトラックと、そうでないトラックの両方が、同じ時間だけ遅延し、わずか数ミリ秒のプリロール部分が曲の頭に残ります。 同じ原則が、TC POWERCORE プラグインで処理する(または処理しない)VST インストゥルメントやReWire チャンネルにも当てはまります。


尚、TC Compensatorはどのバージョンのソフトウェアにも付属しております。

Image


このページを共有する