TC Electronic

RottweilerのGainノブの設定方法

Rottweilerは「タッチ・センシティブ」という、ピッキングの強弱やギターのボリュームノブでトーンと歪み量を変化させるコンセプトで開発されています。ギター本体、もしくはRottweilerペダルの前に配置されたボリュームペダルなどで歪み方をコントロールするようなスタイルにおいて、RottweilerのGainノブは非常に柔軟なセットアップを実現します。 Rottweilerに採用されているクリッピング・ダイオード(歪みを生成する回路)は、ペダルに入力されるシグナル・レベルに対して非常に敏感に反応する、広いヘッドルームをもった設計となっています。Rottweilerで は、このクリッピング・ダイオードへの入力レベルを通常のディストーションペダルよりもかなり増幅させてから供給しているため、少量の入力に対しても倍音 豊かな迫力のある歪みを生成できる反面、一定レベル以上の入力になると、コンプレッションがかかり、歪みがさほど変化しません。

Rottweilerでの音作りのひとつの例として、下記をご参照ください。

1)ギターのボリュームを絞る。(10段階で1、2あたりが目安)

2)RottweilerのGainノブでお好みの「クランチ・サウンド」を作ります。

3)ペダルをOn/Offしながら、Levelノブでレベルのバランスを整えます。

★ポイント → この例では、Gainノブはギターのボリュームを絞った時の歪み量を設定する役割になります。

この設定でバッキングをプレイして、ソロ時にギターのボリュームをフルに上げてみましょう。クランチ・サウンドからディストーションまでスムーズに移行するのが分かります。


このページを共有する