TC Electronic

VSS3 Native: v1.0.5- 新機能と改善点

【v1.0.5- 新機能と改善点】

-リバーブのhi/midレートを修正

-プリセットオートメーション:ホストがプリセット自動化をサポートしている場合、プリセットの変更について通知されるようになりました

-ツールチップ位置の改善

-プリセット処理に関する修正

-DAW側のplug-in 画面 とパラメータオートメーションでは、プラグインはMIDI CCパラメータをリストするようになりました。

-表示について:コンフィグレーションによっては誤った出力チャネルが表示される ようになりました

-uninstallerの修正

-PRO TOOLSでWindows: Control + Command + Click、MAC: Control + Option + Command + Clickでオートメーションのリコールが出来ます(Pro Tools standard )。複数のパラメータオートメーション を有効にしている場合は、Control + Command + Clickでエディタに表示されるオートメーション を選択することができます(プラグインGUIのパラメータを切り替えます)。表示が選択されたオートメーション パラメータに変わるようになりました。

【不具合の修正】

-プリセットをブラウズした後、プラグインは誤ってバイパスモードになる問題を修正

-Pro Tools: 時に96kHで作業しているときにクラッシュまたはハングアップする問題を修正-

-Pro Tools: BYPASSモードでノイズが出る不具合を修正

-Pro Tools:VSS3 にデュアルモノフォーマットは意味がないので、オプションを削減しました

-Logic 9での不具合を修正

-VSS3と別のプラグインを交換すると、Pro Toolsがクラッシュする不具合を修正

最新のソフトウェアバージョンはこちらよりダウンロードが行えなす。

このページを共有する