TC Helicon

VoicceLive 3:ファームウェアー更新情報(ver.1.0.10b70)

2014年2月14日現在 VoiceLive 3最新ファームウェアー情報

アップデートを行いますと、新しいパラメーターを追加した関係上、システムセッティングは初期化されます。 また今回のアップデートは前バージョンとの互換がないため、ユーザープリセットは移行出来ません。

  • ヘッドフォン・アウトプット・レンジが広がりました
  • Guitar出力からLoopの再生を行った際の音量が不安定だった不具合の改善
  • プリセット・ステップの操作の改善
  • システムのヘッドルームの改善
  • タッチ・ワウ リリースの反応を改善
  • ビートボックス・トランスデューサー・スタイルの追加
  • ヘッドフォン・リミッターの不具合の改善
  • インプット・メーターの操作の改善
  • Loop機能のさまざまな修正と改善
  • Looperへのクイック・アクセスがSwitch-3に追加
  • エクスプレッション・ペダルの反応を改善
  • Hit Behavior = Snapshot時、Lock Hitの状態を追加
  • Aux Input =Tracks/Live パラメーターが追加されました。(Tracksにした場合には、遅延が発生しますが、コード検出の精度が高くなります。Liveは遅延がなくモニターやレコーディングに適してます。)
  • Mixスクリーンのタイムアウトの時間が長くなりました。
  • オクターバー"phasing"の値が0%か100%の際の不具合を修正
  • システム・インフォメーションのタブに"Loop Time Remaining”が追加されました この設定により、Loop録音の残り時間が確認出来るようになりました。
  • Natural Play(コード検出)がMon inputに追加されました。 Key/Scaleがモニターミックスより検出される機能の追加
  • ステップの開始MIDI CCがVoiceLive2同様"0"に修正
  • グローバルパラメーターの上書きをする前に注意表示を追加
  • ループ・トラックにオーディオが録音されていない際に保存できない不具合を修正
  • その他、細かい不具合修正

このページを共有する