TC Helicon

VoiceLive 3:最新ソフトウェア情報

v1.0.20 build 120、リリース情報 2014.5.29

【新機能/改善点】
・Looper - プレイバック・ポジションの視認性を改善(バーの拡大表示)
・Looper - ルーパー画面にインプット/シンク・モードの表示を追加
・Looper - 波形表示のセンシティビティーを改善、低い入力レベルの波形も表示できるようになりました。
・Looper - フリースペースのトラッキング精度を改善
・Looper - ループスペースがなくなった際の警告ディスプレイを追加
・Looper - スマートシンク機能を改善/ループA以外の任意のループ間の同期が可能となりました。
・Looper - クオンタイズ・モードでメトロノームをOffにした際の警告表示を追加
 ※クオンタイズ・モードではメトローノームをOn、もしくはミュートする必要があります。
・UI - STEP及びSwitch-3用のループ・インプット・オプションを追加
・UI - STEP及びSwitch-3でループ・インプットを変更する際のポップアップ表示を追加
・UI - ホーム画面にキー/スケール表示を追加
・UI - USBドライブ検知機能をアップデート
・UI - ミキサー画面のタイムアウト時間を短縮
・UI - 対称値を有する全てのパラメーターに「スピードバンプ」戻り止め機能を追加/
 パンニングなどのエフェクトを停止した際に、センターパラメーターで停止するようになりました。
・UI - エクスプレッション・ペダルのターゲットにボーカル・レベルを追加
・UI - ストア画面がアクティベートされている際にストアLEDが点灯するようになりました。

【バグフィックス】
・Looper - スマートシンクのロジック、及びタイミング修正
・Looper - シリアルシンクのロジック、及びタイミング修正
・Looper - レイテンシーや操作感など、デバイスの反応をオプチマイズ
・Looper - スワップ時のダブルオーバーダブ、シリアル時のダブルプレイ防止
・Looper - 音声ノイズが発生する可能性のある操作に対してプログラム修正
・Looper - swap-odub B/C操作でダブルオーバーダブされる不具合を修正
・Looper - ループ・トリガー時のギター・ボタンマップ画面を修正
・Looper - IO Complete前にReadが削除された際のメモリーアクセス不具合を修正
・Looper - スマートSetコマンドが空ループを作成する不具合を修正
・Looper - テンポ変更があった場合のみ「Ok to lose changes」が表示されるように改善
・Looper - 長時間のrec A > rec B > rec C > オーバーダブ > ストア操作でクラッシュする不具合を修正
・Looper - 継続してオーバーダブできる時間を1時間に制限
・Looper - 高速ループスロット変更、及びオーバーダブ/アンドゥ操作でクラッシュする不具合を修正
・UI - ギターチューナーからミックス画面へ移行することで無限ループが発生する不具合を修正
・UI - ボーカルレベル・トリム(Vocal Edit Presetページ)で最小値にした際にボーカルがミュートされる不具合を修正
・DSP - ループ録音後にボーカルがL/Rスワップされる不具合を修正

 

ファームウェア・アップデート手順
1)Windows/Macintosh対応VoiceSupportアプリをダウンロードします。
2)製品に付属されるUSBケーブルを使用し、VoiceLive 3をPC/Macに接続します。
3)VoiceSupportアプリを起動します。(起動時に更新事項を確認するため、数分間かかる場合があります)
4)VoiceSupportアプリが起動したら画面上部の「Firmware」タブを選択します。
5)一番上に表示される最新ファームウェアを選択します。
6)画面の指示に従いアップデートを行ってください。
  ※アップデート中に電源を切ったり、他の操作をすると製品が破損する可能性がありますのでご注意ください。
7)アップデートが終了すると、製品は自動的に再起動し、通常のオペレーション・モードに復帰します。


このページを共有する