TC Helicon

VoiceLive 3 Extreme: バッキングトラックとルーパーの違い

質問

VoiceLive 3 Extremeの機能でバッキングトラックとルーパーの2種類のオーディオ録音がありますが、それぞれは

どのように使うのでしょうか?

回答

バッキング・トラックとループの違いは以下のようになります。 

 

バッキングトラック

・ シーケンス・オートメーション機能が利用可能。

・ 8分以上のオーディオ・トラックを再生可能。

ルーパー

・ 8分以内のオーディオ・トラックを録音・再生ができます。(TRACK A と BもしくはC)

・ オーバーダブが無制限で可能。

 

バッキング・トラックはすでに録音されている2トラックをVOICELIVE 3 Extremeにインポートして再生する用途

すでに録音された2トラックにシーケンス・オートメーション機能を使って演奏中に足元の操作を必要最低限にします。 

 

ルーパーは他の製品にも含まれますが、VoiceLive3以外の製品はループ内容を保存できません。 

VoiceLive3は最大45分間 1トラックで最大8分の録音

VoiceLive3 Extremeは最大5時間  1トラックで最大8分の録音

 


このページを共有する