TC Helicon

VoiceToneシリーズを複数台接続する方法

接続順番として、コンプレッサーやEQなどのDynamicsのエフェクト・ペダル(VoiceTone Correct)を始めとして、続いてオーバーダブのエフェクト・ペダル(VoiceTone Double)を、最後に空間系(リバーブ、ディレイ)などのエフェクト・ペダル(VoiceTone CreateやVoiceTone Harmony-G/M)などを接続します。複数台接続した場合には、2台目以降のペダルの入力ゲインを最小にして下さい。1台目のペダルがマスターボ リュームとなります。


このページを共有する