TC Helicon

VoiceTone Correctのピッチ補正機能について

VoiceTone Correctのピッチ機能には3とおりの使い方が考えられます。

1. 自然な音程補正(自動クロマチック・ピッチ補正機能)

2. 正しい音程を知るためのガイド(モニター用に使用し、メインからは実声を出力)としてのピッチ補正

3. 視覚的な音程把握

 

【設定方法】

1. まず右フットスイッチでPitchをオンにします。歌唱の邪魔にならない自然な効果を得るには、Pitchノブを10 時から2 時までの間に設定します。 また、Pitchノブを右に回しきることで、効果が最も極端で強調された状態になります。

 2. 右フットスイッチでPitchをオフにします。

Guide Outputからモニターに接続します。この接続により、Main Outputからはピッチ補正を施されていない音が出力され、

Guide Outputからはピッチ補正が施された音を確認することができます。 また、Dry to Guideボタンをオンにすることで、実際の音程とピッチ補正が施された音程の両方をGuide Outoputから出力可能ですので、実際の音程とのずれ幅を確認しやすくなります。

3. Displayボタンをオンにすることにより、実際の音程と補正後の音程を視覚的に確認出来ます。 本体中央にあるピッチ・ディスプレイの上のバーは入力の音程を、下段のバーは補正後の音程を示します。


このページを共有する