TC Helicon

VoiceTone Doubleの接続方法

VoiceTone Doubleではあらゆる場面を想定し、次の4つの接続方法をご用意しております。 (設定が必要な接続もございますので、ご注意下さい)

標準セットアップ

 標準的なセットアップはいたってシンプルで、サウンド・システムとマイクの間にDoubleが入ります。
 このセットアップではLeft Outputがドライ信号(原音)とウェット信号(エフェクト音)がミックスされたモノラルの出力を行います。                                                                         

 1. マイクをDoubleのMic Input端子に接続します。
 2. Left Outをサウンド・システム(PAなど)の入力チャンネルに接続します。
 3. Doubleの電源アダプターをPower In端子とコンセントに接続します。

 Image

ステレオ・セットアップ

 サウンド・システムをステレオで使用したりレコーディングを行う場合は、ステレオ・モードを使用します。
 エフェクト・パッチの空気感が増します。

 1. マイクをDoubleのMic Input端子に接続します。
 2. LeftとRight Outを接続先のマイク入力チャンネル2系統に接続します。
     Left Outから接続したチャンネルのパンポットは左に、Right Outputから接続したチャンネルはに回しきります。
 3. Doubleの電源アダプターをPower In端子とコンセントに接続します。
 4. Stereo LEDが点灯するまでPatch 2 と 3のボタンを同時に長押しします。
     モノラル・モードに戻るには、Stereo LEDが消えるまで同様にPatch 2 と 3のボタンを同時に長押しします。

 Image

モノラル・サウンド・エンジニア・セットアップ

 ライブ環境でヴォーカルのサウンドを調整するPAエンジニアがいる場合は、ウェットとドライ信号のミックス・バランスを
 エンジニアに任せることができます。 このセットアップでは、片方のチャンネルにはドライのヴォーカルが、
 もう片方には完全にウェットの信号が出力されます。    

 1. マイクをDoubleのMic Input端子に接続します。
 2. LeftとRight Outをサウンド・システムのマイク入力チャンネル2系統に接続します。
     この際、各チャンネルのパンポットはセンターに設定します。
 3. Bank UpとPatch 1ボタンを同時に長押ししながら、Doubleの電源アダプターをPower In端子とコンセントに接続します。

 Image

ステレオ・サウンド・エンジニア・セットアップ

 ライブのステレオPA環境やレコーディング時で、ドライ信号を完全にミュートして100%ウエット(エフェクト音)の信号のみを
 出力させることができます。このセットアップでは、マイクはDoubleのMic Inputに接続せずにミキサーのマイク入力を使用し、
 ミキサーのAUXセンドからDoubleに信号を送ります。

 1. マイクをミキサーの入力チャンネルに接続します。
 2. ケーブルをミキサーのAUXセンドからDoubleのMic Inputに接続します。
 3. DoubleのLeftとRight Outをサウンド・システムの入力チャンネル2系統に接続します。
     各チャンネルのパンポットは左右に振り切ります。
 4. Bank UpとPatch 1ボタンを同時に長押ししながら、Doubleの電源アダプターをPower In端子とコンセントに接続します。   
    こうすることにより、ドライ・ヴォイスはミュートされます。

 Image


このページを共有する